intra-mart Accel Platform 設定ファイルリファレンス 第23版 2019-08-01

リクエストパラメータ設定

概要

認証機能で利用するリクエストパラメータ名を変更するための設定を行います。
モジュール
認証機能
フォーマットファイル(xsd)
WEB-INF/schema/certification-config.xsd
設定場所
WEB-INF/conf/certification-config/im_request_param_key.xml

<certification-config xmlns="http://www.intra-mart.jp/certification/certification-config"
    xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
    xsi:schemaLocation="http://www.intra-mart.jp/certification/certification-config certification-config.xsd">

  <category name="im_request_param_key">
    <param>
      <param-name>im_user</param-name>
      <param-value>user_cd</param-value>
    </param>
  </category>

</certification-config>

リファレンス

リクエストパラメータ名

カテゴリタグ名 (属性) category (im_request_param_key)
パラメータキータグ名 (キー名) param (任意の文字列)
標準で利用しているリクエストパラメータ名を変更したい場合に設定します。
以下のリクエストパラメータ名を変更可能です。
  • im_tenant_id ・・・ ログイン時に利用するテナントIDを指定するリクエストパラメータ
  • im_user ・・・ ログイン時に利用するユーザコードを指定するリクエストパラメータ
  • im_password ・・・ ログイン・認証機能時に利用するパスワードを指定するリクエストパラメータ
  • im_url ・・・ ログイン・ログアウト時に利用する遷移先URLを指定するリクエストパラメータ
この設定ファイルに設定を追加し、以下のAPIを利用することで、変更可能なリクエストパラメータ名を追加することが可能です。
  • jp.co.intra_mart.system.security.certification.CertificationParamKey.get()

【設定項目】

<certification-config>
  <category name="im_request_param_key">
    <param>
      <param-name>im_user</param-name>
      <param-value>user_cd</param-value>
    </param>
  </category>
</certification-config>

必須項目 ×
複数設定 ×(キーごとに1つ設定可能)

キータグ
<param-name>(変更対象のリクエストパラメータ名)</param-name>
値タグ
<param-value>(変更後のリクエストパラメータ名)</param-value>
設定値・設定する内容
キータグに、変更したい元のリクエストパラメータ名を指定し、値タグに変更後のリクエストパラメータ名を指定します。
単位・型
文字列
省略時のデフォルト値 なし
親タグ certification-config

注意

この設定を変更した場合は、対応する機能の画面等を修正する必要があります。

注意

オープンリダイレクトの脆弱性を防止するため、リクエストパラメータ im_url (ログイン・ログアウト時に利用する遷移先URL)に外部URLを指定する場合は、外部URLの許可設定が必要です。
許可されていない外部URLを指定した場合、その外部URLは無視されます(指定しない場合と同じ動作が行われます)。
許可する外部URLの設定については、「認証外部ページURL許可リスト設定 」を参照してください。