intra-mart Accel Platform 設定ファイルリファレンス 第23版 2019-08-01

認証確認設定(一般ユーザ用)

概要

一般ユーザ用の認証確認処理で使用する設定を行います。
認証確認を利用するためには、認証確認の対象とする画面のURLをあらかじめ設定する必要があります。

モジュール
認証機能
フォーマットファイル(xsd)
WEB-INF/schema/certification-config.xsd
設定場所
WEB-INF/conf/certification-config/im_certification_confirm.xml

<certification-config xmlns="http://www.intra-mart.jp/certification/certification-config"
    xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
    xsi:schemaLocation="http://www.intra-mart.jp/certification/certification-config certification-config.xsd">

  <category name="im_login_confirm">
    <param>
      <param-name>url</param-name>
      <param-value>/login_confirm</param-value>
    </param>
    <param>
      <param-name>validity_period</param-name>
      <param-value>5</param-value>
    </param>
  </category>

  <category name="im_certification_confirm">
    <param>
      <param-name>url</param-name>
      <param-value>/certification_confirm</param-value>
    </param>
  </category>

</certification-config>

リファレンス

認証確認の間隔

カテゴリタグ名 (属性) category (im_login_confirm)
パラメータキータグ名 (キー名) param (validity_period)
ログインまたは前回認証確認実行から再度認証確認を行うまでの間隔を設定します。
未設定の場合または正の整数値が設定されていない場合、認証確認を行いません。

【設定項目】

<certification-config>
  <category name="im_login_confirm">
    <param>
      <param-name>validity_period</param-name>
      <param-value>5</param-value>
    </param>
  </category>
</certification-config>

必須項目 × (未設定の場合、認証確認を行いません。)
複数設定 ×

キータグ
<param-name>validity_period</param-name>
値タグ
<param-value>5</param-value>
設定値・設定する内容
1以上の整数 ログインまたは前回認証確認実行から指定時間経過後、再度「認証確認」画面を表示します。
それ以外 認証確認機能をオフとします。
単位・型
数値 (分)
省略時のデフォルト値 なし
親タグ certification-config

注意

セッションタイムアウトと異なり、アクセスによる次回実行タイミングの更新は行いません。
システムの操作中であっても指定間隔が過ぎた場合、「認証確認」画面が表示されます。

認証確認ページURL

カテゴリタグ名 (属性) category (im_login_confirm)
パラメータキータグ名 (キー名) param (url)
認証確認画面にアクセスするためのURLを設定します。
初期設定から変更したい場合に設定します。

【設定項目】

<certification-config>
  <category name="im_login_confirm">
    <param>
      <param-name>url</param-name>
      <param-value>/login_confirm</param-value>
    </param>
  </category>
</certification-config>

必須項目
複数設定 ×

キータグ
<param-name>url</param-name>
値タグ
<param-value>/login_confirm</param-value>
設定値・設定する内容
認証確認画面にアクセスするためのURLを設定します。
コンテキストパスからの相対パスを設定します。
単位・型
文字列 (/aaa/bbb/ccc)
省略時のデフォルト値 なし
親タグ certification-config

注意

このURLはシステムで認証確認対象となった場合に利用されるため、直接ブラウザからアクセスすることはできません。

注意

この設定の変更は推奨していません。
この設定を変更した場合は、web.xml の設定、および、利用している画面の設定を全て変更する必要がありますが、 intra-mart Accel Platform では web.xml の変更を推奨していません。

認証確認実行ページURL

カテゴリタグ名 (属性) category (im_certification_confirm)
パラメータキータグ名 (キー名) param (url)
認証確認画面で確認ボタンをクリックした場合にアクセスされるURLを設定します。
このURLにアクセスすることで、認証状況の確認が行われます。
初期設定から変更したい場合に設定します。

【設定項目】

<certification-config>
  <category name="im_certification_confirm">
    <param>
      <param-name>url</param-name>
      <param-value>/certification_confirm</param-value>
    </param>
  </category>
</certification-config>

必須項目
複数設定 ×

キータグ
<param-name>url</param-name>
値タグ
<param-value>/certification_confirm</param-value>
設定値・設定する内容
認証確認画面で確認ボタンをクリックした場合にアクセスされるURLを設定します。
コンテキストパスからの相対パスを設定します。
単位・型
文字列 (/aaa/bbb/ccc)
省略時のデフォルト値 なし
親タグ certification-config

注意

この設定の変更は推奨していません。
この設定を変更した場合は、web.xml の設定、および、利用している画面の設定を全て変更する必要がありますが、 intra-mart Accel Platform では web.xml の変更を推奨していません。