intra-mart Accel Kaiden! 経費旅費 / 管理者操作ガイド 第12版 2019-09-30

6.7.3. カレンダーから取得した経路情報を使用してKaiden!の精算を実施する

本項では、「RODEM」から経路情報を取得し Kaiden! の精算を実施する際の方法を説明します。
経路情報を使用してKaiden!の精算を実施するには、「RODEM」の利用契約が必要です。
「RODEM」と連携するには、以下の手順が必要です。
  • 設定ファイルの作成
  • ガジェットのインポート
  • コンテンツ定義の作成
  • ルート定義の作成
  • フロー定義の作成
  • RODEMユーザマッピングマスタの設定

6.7.3.1. 「RODEM」との連携手順

6.7.3.1.1. 設定ファイルの作成

intra-mart Accel Kaiden! セットアップガイド』-「intra-mart Accel Kaiden!の設定ファイル」-「intra-mart Accel Kaiden! 基盤モジュール 」-「RODEM設定(カレンダーデータ連携)」を参照して設定してください。

6.7.3.1.2. ガジェットのインポート

「RODEM」から経路情報を取得し Kaiden! の精算を実施する場合、以下のガジェットのインポートが必要です。
ガジェットの定義ファイルは「%システムストレージ%/kaiden/generic/gadget」に格納しています。
intra-mart Accel Kaiden! GadgetBuilder設定ガイド』-「基本」-「設定の流れ」-「動作確認」-「GadgetBuilder定義インポート」を参照して
実施してください。
ファイル名 ガジェット名
searchRodem_v01.xml カレンダーデータ検索
routeDetail_v05.xml 旅程明細(連携)
routeDetail_v06.xml 旅程明細(複数通貨, 連携)
routeDetail_v09.xml 旅程明細(簡易, 連携)
routeDetail_v10.xml 旅程明細(複数通貨, 簡易, 連携)

6.7.3.1.3. コンテンツ定義の作成

コンテンツ定義を作成する際の注意点を説明します。
コンテンツ定義の作成方法は、 コンテンツ定義 を参照してください。
コンテンツ定義を作成後、 ルート定義フロー定義 を作成してください。
  1. コンテンツ定義作成時、利用ガジェット設定で、「カレンダーデータ検索」と「旅程明細(連携)ガジェット」を選択してください。
    ../../../_images/search_014.png

6.7.3.1.4. RODEMユーザマッピングマスタの設定

「RODEM」を使用して精算するユーザは RODEMユーザマッピングマスタ に登録する必要があります。
登録方法は、 RODEMユーザマッピングマスタ を参照してください。

6.7.3.2. カレンダーデータ検索で検索対象外となるデータ

以下の条件に一致する「RODEM」のデータはカレンダーデータ検索機能で検索対象外となります。
  • Kaiden!で精算申請済みのデータ
「RODEM」から取得したデータを申請・一時保存すると、カレンダーデータ検索機能で検索対象外となります。
該当のデータを含む申請書を取り止め、否認、案件操作による案件完了した場合、再度カレンダーデータ検索機能で検索対象となります。

6.7.3.3. 検索時の注意

カレンダーデータ検索では、「RODEM設定(カレンダーデータ連携)」で設定した日付からシステム日付の期間を検索します。
初期値は「30」のため、30日前からシステム日付の期間を検索します。
設定した日付よりも過去の期間は検索できません。