intra-mart Accel Kaiden! 経費旅費 / 管理者操作ガイド 第12版 2019-09-30

3.18. 申請書マスタ

本項では、申請書マスタの設定方法を説明します。

3.18.1. 概要

申請書マスタは、intra-mart Accel Kaiden! 経費旅費が使用するコンテンツ定義を管理します。
メンテナンス、インポートの2種類の方法でマスタ設定が可能です。

3.18.2. メンテナンス

申請書マスタメンテナンスの操作方法は、 コンテンツ定義 を参照してください。

3.18.3. インポート

本項では、インポート機能を利用したマスタ設定方法を説明します。

3.18.3.1. インポートデータ作成

インポートするデータを作成し、ストレージにアップロードします。
作成するインポートデータの形式は、次の通りです。
  • ファイル形式
    ジョブネットの設定で設定する実行パラメータにより変化します。
    以下は初期値(実行パラメータ未設定の場合)のファイル形式です。

    ファイル名 指定はありません。
    文字コード UTF-8
    区切り文字 ,
    囲み文字
    形式 XMLファイル

  • データ形式
    次の様なXML形式でコンテンツ定義用のインポートデータファイルを作成します。
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?>
<contentsSettings xmlns="http://kaiden.slcs.co.jp/xmlschema/contentsSettings">
    <contentsGroup>
        <contents>
            <contentsId>サンプル申請</contentsId>
            <localeId>ja</localeId>
            <contentsName>Sample Application</contentsName>
            <contentsClassify>0</contentsClassify>
            <note></note>
            <contentsDetailGroup>
                <contentsDetail>
                    <contentsVersionId>8e9ysqx330e2ca8</contentsVersionId>
                    <startDate>2000/01/01</startDate>
                    <limitDate>2015/01/31</limitDate>
                    <versionStatus>1</versionStatus>
                    <note></note>
                </contentsDetail>
                <contentsDetail>
                    <contentsVersionId>8e9yusogl0eoza8</contentsVersionId>
                    <startDate>2015/02/01</startDate>
                    <limitDate>2999/12/31</limitDate>
                    <versionStatus>1</versionStatus>
                    <note></note>
                </contentsDetail>
            </contentsDetailGroup>
            <contentsPagePathGroup>
                <contentsPagePath>
                    <pagePathId>apply</pagePathId>
                    <contentsVersionId>8e9ysqx330e2ca8</contentsVersionId>
                    <pageName>Apply</pageName>
                    <pageClassify>0</pageClassify>
                    <note></note>
                    <defaultFlag>1</defaultFlag>
                    <pathType>2</pathType>
                    <scriptPath></scriptPath>
                    <applicationId></applicationId>
                    <serviceId></serviceId>
                    <pagePath>kaiden/workflow/apply?kp=apply</pagePath>
                </contentsPagePath>

                …略…

            </contentsPagePathGroup>
            <contentsPluginGroup>
                <contentsPlugin>
                    <contentsPluginId>8e9ysqxiu0e2da8</contentsPluginId>
                    <contentsVersionId>8e9ysqx330e2ca8</contentsVersionId>
                    <extensionPointId>jp.co.intra_mart.workflow.plugin.event.node.action.process</extensionPointId>
                    <pluginId>jp.co.intra_mart.workflow.plugin.event.node.action.process.pluginJavaExecutor</pluginId>
                    <pluginName>Action Process (Apply)</pluginName>
                    <parameter>jp.co.slcs.kaiden2.extension_imw.feature.plugin.kaiden.workflow.ImwActionProcessPlugin</parameter>
                    <note></note>
                    <nodeType>2</nodeType>
                    <defaultFlag>1</defaultFlag>
                    <executeOrder>0</executeOrder>
                </contentsPlugin>

                …略…

            </contentsPluginGroup>
        </contents>
    </contentsGroup>
    <contentsImboxGroup>
        <contentsImbox>
            <imboxId>processing</imboxId>
            <contentsImboxClassify>0</contentsImboxClassify>
            <contentsVersionId>8e9ysqx330e2ca8</contentsVersionId>
            <defaultFlag>1</defaultFlag>
        </contentsImbox>
    </contentsImboxGroup>
    <contentsMailGroup>
        <contentsMail>
            <mailId>confirm</mailId>
            <contentsMailClassify>3</contentsMailClassify>
            <contentsVersionId>8e9ysqx330e2ca8</contentsVersionId>
            <defaultFlag>1</defaultFlag>
        </contentsMail>
    </contentsMailGroup>
    <contentsRuleGroup>
        <contentsRule>
            <ruleId>rule_sample_01</ruleId>
            <contentsVersionId>8e9ysqx330e2ca8</contentsVersionId>
        </contentsRule>
    </contentsRuleGroup>
</contentsSettings>

タグ概要
タグ 必須設定 名称・説明 最大文字数
contentsGroup
複数のロケールで利用する
場合は、全ロケール分の
contentsを作成してください。
 
contentsGroup/contents/contentsId コンテンツIDを設定します。 20
contentsGroup/contents/localeId ロケールIDを設定します。 50
contentsGroup/contents/contentsName コンテンツ名を設定します。 50
contentsGroup/contents/contentsClassify コンテンツ種類を設定します。 5
contentsGroup/contents/note   コンテンツの備考を設定します。 500
contentsGroup/contents/contentsDetailGroup
コンテンツバージョンごとに
contentsDetailを設定します。
 
contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
contentsDetail/contentsVersionId
コンテンツバージョンIDを設定します。 20
contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
contentsDetail/startDate
開始日を設定します。 10
contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
contentsDetail/limitDate
終了日を設定します。 10
contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
contentsDetail/versionStatus
バージョンステータスを設定します。
  • 0:無効
  • 1:有効
1
contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
contentsDetail/note
  コンテンツバージョンの備考を設定します。 500
contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
contentsPagePathGroup
画面ごとにcontentsPagePath
を設定します。
 
contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
contentsPagePathGroup/contentsPagePath/pagePathId
画面パスIDを設定します。 20
contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
contentsDetail/contentsVersionId
コンテンツバージョンIDを設定します。 20
contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
contentsDetail/pageName
画面名を設定します。 50
contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
contentsDetail/pageClassify
画面種類を設定します。 5
contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
contentsDetail/note
  画面定義の備考を設定します。 500
contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
contentsDetail/defaultFlag
デフォルトフラグを設定します。
  • 0:初期設定で使用しない
  • 1:初期設定で使用する
1
contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
contentsDetail/pathType
パス種別を設定します。 5
contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
contentsDetail/scriptPath
  スクリプトパスを設定します。 200
contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
contentsDetail/applicationId
  アプリケーションIDを設定します。 100
contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
contentsDetail/serviceId
  サービスIDを設定します。 100
contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
contentsDetail/pagePath
  ページパスを設定します。 200
contentsGroup/contents/contentsPluginGroup
ユーザプログラムごとに
contentsPluginを設定します。
 
contentsGroup/contents/contentsPluginGroup/
contentsPlugin/contentsPluginId
コンテンツプラグインを設定します。 20
contentsGroup/contents/contentsPluginGroup/
contentsPlugin/contentsVersionId
コンテンツバージョンIDを設定します。 20
contentsGroup/contents/contentsPluginGroup/
contentsPlugin/extensionPointId
拡張ポイントIDを設定します。 500
contentsGroup/contents/contentsPluginGroup/
contentsPlugin/pluginId
プラグインIDを設定します。 500
contentsGroup/contents/contentsPluginGroup/
contentsPlugin/pluginName
プラグイン名を設定します。 50
contentsGroup/contents/contentsPluginGroup/
contentsPlugin/parameter
  パラメータを設定します。 500
contentsGroup/contents/contentsPluginGroup/
contentsPlugin/note
  ユーザプログラム定義の備考を設定します。 500
contentsGroup/contents/contentsPluginGroup/
contentsPlugin/nodeType
  ノード種別を設定します。 5
contentsGroup/contents/contentsPluginGroup/
contentsPlugin/defaultFlag
 
デフォルトフラグを設定します。
  • 0:初期設定で使用しない
  • 1:初期設定で使用する
1
contentsGroup/contents/contentsPluginGroup/
contentsPlugin/executeOrder
  実行順番を設定します。 3
contentsImboxGroup   IMBox定義を設定します。複数設定可能です。  
contentsImboxGroup/contentsImbox/imboxId IMBoxIDを設定します。 20
contentsImboxGroup/contentsImbox/contentsImboxClassify コンテンツIMBox種類を設定します。 5
contentsImboxGroup/contentsImbox/contentsVersionId コンテンツバージョンIDを設定します。 20
contentsImboxGroup/contentsImbox/defaultFlag  
デフォルトフラグを設定します。
  • 0:初期設定で使用しない
  • 1:初期設定で使用する
1
contentsMailGroup  
メール定義を設定します。
複数設定可能です。
 
contentsMailGroup/contentsMail/mailId メールIDを設定します。 20
contentsImboxGroup/contentsImbox/contentsMailClassify コンテンツメール種類を設定します。 5
contentsImboxGroup/contentsImbox/contentsVersionId コンテンツバージョンIDを設定します。 20
contentsImboxGroup/contentsImbox/defaultFlag  
デフォルトフラグを設定します。
  • 0:初期設定で使用しない
  • 1:初期設定で使用する
1
contentsRuleGroup  
ルール定義を設定します。
複数設定可能です。
 
contentsRuleGroup/contentsRule/ruleId ルールIDを設定します。 20
contentsRuleGroup/contentsRule/contentsVersionId コンテンツバージョンIDを設定します。 20
  • データ形式
    次の様なXML形式で申請書定義用のインポートデータファイルを作成します。
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?>
<appSettings xmlns="http://kaiden.slcs.co.jp/xmlschema/appSettings">
    <app>
        <contentsId>ApplicationSample</contentsId>
        <appType>10</appType>
        <appGadgetGroup>
            <appGadget>
                <contentsVersionId>8e9ysqx330e2ca8</contentsVersionId>
                <pagePathId>apply</pagePathId>
                <gadgetClass>advance</gadgetClass>
                <gadgetVariation>v01</gadgetVariation>
                <gadgetInstance>0</gadgetInstance>
                <sortKey>0</sortKey>
                <surfaceKey>chapterTitle</surfaceKey>
                <gadgetDispFlag>1</gadgetDispFlag>
                <appGadgetBlockGroup>
                    <appGadgetBlock>
                        <gadgetBlock>advTable</gadgetBlock>
                        <gadgetBlockType>normal</gadgetBlockType>
                        <allowAddFlag>0</allowAddFlag>
                        <allowDelFlag>0</allowDelFlag>
                        <sortKey>1</sortKey>
                        <surfaceKey>chapterTitle</surfaceKey>
                        <appGadgetFieldGroup>
                            <appGadgetField>
                                <fieldKey>companyAmount</fieldKey>
                                <surfaceKey>advanceAmount</surfaceKey>
                                <sortKey>10202</sortKey>
                                <inputType>0</inputType>
                                <requiredFlag>0</requiredFlag>
                                <appGadgetValidationGroup>
                                    <appGadgetValidation>
                                        <validationId>numericMax</validationId>
                                        <validationTarget>ALWAYS</validationTarget>
                                        <validationTimingDefaultFlag>true</validationTimingDefaultFlag>
                                        <args>{'id':'numericMax', 'args':'100000'}</args>
                                        <extensionA/>
                                        <extensionB/>
                                        <extensionC/>
                                        <extensionD/>
                                        <extensionE/>
                                        <extensionF/>
                                        <extensionG/>
                                        <extensionH/>
                                        <extensionI/>
                                        <extensionJ/>
                                    </appGadgetValidation>
                                </appGadgetValidationGroup>
                                <extensionA></extensionA>
                                <extensionB></extensionB>
                                <extensionC></extensionC>
                                <extensionD></extensionD>
                                <extensionE></extensionE>
                                <extensionF></extensionF>
                                <extensionG></extensionG>
                                <extensionH></extensionH>
                                <extensionI></extensionI>
                                <extensionJ></extensionJ>
                            </appGadgetField>

                            …略…

                        </appGadgetFieldGroup>
                        <extensionA></extensionA>
                        <extensionB></extensionB>
                        <extensionC></extensionC>
                        <extensionD></extensionD>
                        <extensionE></extensionE>
                        <extensionF></extensionF>
                        <extensionG></extensionG>
                        <extensionH></extensionH>
                        <extensionI></extensionI>
                        <extensionJ></extensionJ>
                    </appGadgetBlock>
                </appGadgetBlockGroup>
                <appGadgetSurfaceGroup>
                    <appGadgetSurface>
                        <surfaceKey>advanceAmount</surfaceKey>
                        <localeId>en</localeId>
                        <surface>Suspense Pay Amount</surface>
                        <extensionA></extensionA>
                        <extensionB></extensionB>
                        <extensionC></extensionC>
                        <extensionD></extensionD>
                        <extensionE></extensionE>
                        <extensionF></extensionF>
                        <extensionG></extensionG>
                        <extensionH></extensionH>
                        <extensionI></extensionI>
                        <extensionJ></extensionJ>
                    </appGadgetSurface>
                    <appGadgetSurface>
                        <surfaceKey>advanceAmount</surfaceKey>
                        <localeId>ja</localeId>
                        <surface>仮払金額</surface>
                        <extensionA></extensionA>
                        <extensionB></extensionB>
                        <extensionC></extensionC>
                        <extensionD></extensionD>
                        <extensionE></extensionE>
                        <extensionF></extensionF>
                        <extensionG></extensionG>
                        <extensionH></extensionH>
                        <extensionI></extensionI>
                        <extensionJ></extensionJ>
                    </appGadgetSurface>
                    <appGadgetSurface>
                        <surfaceKey>advanceAmount</surfaceKey>
                        <localeId>zh_CN</localeId>
                        <surface>暂付金额</surface>
                        <extensionA></extensionA>
                        <extensionB></extensionB>
                        <extensionC></extensionC>
                        <extensionD></extensionD>
                        <extensionE></extensionE>
                        <extensionF></extensionF>
                        <extensionG></extensionG>
                        <extensionH></extensionH>
                        <extensionI></extensionI>
                        <extensionJ></extensionJ>
                    </appGadgetSurface>

                    …略…

                </appGadgetSurfaceGroup>
                <extensionA></extensionA>
                <extensionB></extensionB>
                <extensionC></extensionC>
                <extensionD></extensionD>
                <extensionE></extensionE>
                <extensionF></extensionF>
                <extensionG></extensionG>
                <extensionH></extensionH>
                <extensionI></extensionI>
                <extensionJ></extensionJ>
            </appGadget>

            …略…

        </appGadgetGroup>
        <appVersionGroup>
            <appVersion>
                <contentsVersionId>8e9ysqx330e2ca8</contentsVersionId>
                <numberingClassId>imwNumbering</numberingClassId>
                <extensionA></extensionA>
                <extensionB></extensionB>
                <extensionC></extensionC>
                <extensionD></extensionD>
                <extensionE></extensionE>
                <extensionF></extensionF>
                <extensionG></extensionG>
                <extensionH></extensionH>
                <extensionI></extensionI>
                <extensionJ></extensionJ>
            </appVersion>

            …略…

        </appVersionGroup>
        <pageScreenInfoGroup>
            <pageScreenInfo>
                <contentsVersionId>8e9ysqx330e2ca8</contentsVersionId>
                <pagePathId>apply</pagePathId>
                <pageJspPath></pageJspPath>
                <spPageJspPath></spPageJspPath>
                <extensionA></extensionA>
                <extensionB></extensionB>
                <extensionC></extensionC>
                <extensionD></extensionD>
                <extensionE></extensionE>
                <extensionF></extensionF>
                <extensionG></extensionG>
                <extensionH></extensionH>
                <extensionI></extensionI>
                <extensionJ></extensionJ>
            </pageScreenInfo>

            …略…

        </pageScreenInfoGroup>
        <appExtParameterGroup>
            <appExtParameter>
                <contentsVersionId>8e9ysqx330e2ca8</contentsVersionId>
                <pagePathId>apply</pagePathId>
                <parameterKey>parameterkey1</parameterKey>
                <parameterValue>docSysLink</parameterValue>
                <extensionA></extensionA>
                <extensionB></extensionB>
                <extensionC></extensionC>
                <extensionD></extensionD>
                <extensionE></extensionE>
                <extensionF></extensionF>
                <extensionG></extensionG>
                <extensionH></extensionH>
                <extensionI></extensionI>
                <extensionJ></extensionJ>
            </appExtParameter>

            …略…

        </appExtParameterGroup>
        <appExtUserPgmGroup>
            <appExtUserPgm>
                <contentsVersionId>8e9ysqx330e2ca8</contentsVersionId>
                <extensionUserProgram>jp.co.slcs.kaiden2.product_workflow.feature.conductor.documentationSystemLink.impl.DocumentationSystemLinkConductorImpl</extensionUserProgram>
                <execOrder>1</execOrder>
                <extensionA></extensionA>
                <extensionB></extensionB>
                <extensionC></extensionC>
                <extensionD></extensionD>
                <extensionE></extensionE>
                <extensionF></extensionF>
                <extensionG></extensionG>
                <extensionH></extensionH>
                <extensionI></extensionI>
                <extensionJ></extensionJ>
            </appExtUserPgm>

            …略…

        </appExtUserPgmGroup>
        <extensionA></extensionA>
        <extensionB></extensionB>
        <extensionC></extensionC>
        <extensionD></extensionD>
        <extensionE></extensionE>
        <extensionF></extensionF>
        <extensionG></extensionG>
        <extensionH></extensionH>
        <extensionI></extensionI>
        <extensionJ></extensionJ>
    </app>
</appSettings>

タグ概要
タグ 必須設定 名称・説明 最大文字数
app 申請書ごとに複数設定可能です。  
app/contentsId コンテンツIDを設定します。 20
app/appType 申請書タイプを設定します。 100
app/appGadget
ガジェットを、コンテンツバー
ジョン、画面パスごとに設定します。
 
app/appGadget/contentsVersionId コンテンツバージョンIDを設定します。 20
app/appGadget/pagePathId 画面パスIDを設定します。 20
app/appGadget/gadgetClass ガジェットクラスを設定します。 100
app/appGadget/gadgetVariation ガジェットバリエーションを設定します。 100
app/appGadget/gadgetInstance ガジェットインスタンスを設定します。 18
app/appGadget/sortKey ソートキーを設定します。 15
app/appGadget/surfaceKey   申請書のサーフィスキーを設定します。 100
app/appGadget/gadgetDispFlag
ガジェット表示フラグを設定します。
  • 0:ガジェットを非表示にする
  • 1:ガジェットを表示する
1
app/appGadget/appGadgetBlockGroup  
ガジェットブロックを設定します。
複数設定可能です。
 
app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
appGadgetBlock/gadgetBlock
ガジェットブロックIDを設定します。 100
app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
appGadgetBlock/gadgetBlockType
ガジェットブロックタイプを設定します。 100
app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
appGadgetBlock/allowAddFlag
追加可否フラグを設定します。
  • 0:許可しない
  • 1:許可する
1
app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
appGadgetBlock/allowDelFlag
削除可否フラグを設定します。
  • 0:許可しない
  • 1:許可する
1
app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
appGadgetBlock/sortKey
ソートキーを設定します。 15
app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
appGadgetBlock/surfaceKey
ガジェットブロックのサーフィ
スキーを設定します。
100
app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
appGadgetFieldGroup
  フィールドキーごとに設定します。  
app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
appGadgetFieldGroup/appGadgetField/fieldKey
フィールドキーを設定します。 100
app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
appGadgetFieldGroup/appGadgetField/surfaceKey
  サーフィスキーを設定します。 100
app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
appGadgetFieldGroup/appGadgetField/sortKey
ソートキーを設定します。 15
app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
appGadgetFieldGroup/appGadgetField/inputType
入力区分を設定します。
  • 0:入力項目
  • 1:ラベル項目
1
app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
appGadgetFieldGroup/appGadgetField/requiredFlag
必須フラグを設定します。
  • 0:任意項目
  • 1:必須項目
1
app/appGadget/appGadgetBlockGroup/appGadgetFieldGroup/appGadgetField/
appGadgetValidationGroup/appGadgetValidation
 
バリデーション定義を設定します。
 
app/appGadget/appGadgetBlockGroup/appGadgetFieldGroup/appGadgetField/
appGadgetValidationGroup/appGadgetValidation/validationId
 
バリデーションIDを設定します。
20
app/appGadget/appGadgetBlockGroup/appGadgetFieldGroup/appGadgetField/
appGadgetValidationGroup/appGadgetValidation/validationTarget
 
バリデーションターゲットを設定します。
20
app/appGadget/appGadgetBlockGroup/appGadgetFieldGroup/appGadgetField/
appGadgetValidationGroup/appGadgetValidation/validationTimingDefaultFlag
 
デフォルトフラグを設定します。
  • true:全てのイベントで実行する
  • false:指定されたイベントで実行する
5
app/appGadget/appGadgetBlockGroup/appGadgetFieldGroup/appGadgetField/
appGadgetValidationGroup/appGadgetValidation/args
 
バリデーションID及び引数をJSON形式で
設定します。
 
app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
appGadgetValidationGroup/appGadgetValidation/extensionA~J
  予備項目を設定します。 250
app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
appGadgetFieldGroup/appGadgetField/extensionA~J
  予備項目を設定します。 250
app/appGadget/appGadgetSurfaceGroup  
複数のロケールで利用する
場合は、全ロケール分の
contentsを作成してください。
 
app/appGadget/appGadgetSurfaceGroup/
appGadgetSurface/surfaceKey
サーフィスキーを設定します。 100
app/appGadget/appGadgetSurfaceGroup/
appGadgetSurface/localeId
ロケールIDを設定します。 50
app/appGadget/appGadgetSurfaceGroup/
appGadgetSurface/surface
  サーフィスを設定します。 1000
app/appGadget/appGadgetSurfaceGroup/
appGadgetSurface/extensionA~J
  予備項目を設定します。 250
app/appVersionGroup   コンテンツバージョンごとに設定します。  
app/appVersionGroup/appVersion/contentsVersionId コンテンツバージョンIDを設定します。 20
app/appVersionGroup/appVersion/numberingClassId 案件番号採番クラスIDを設定します。 1000
app/appVersionGroup/appVersion/extensionA~J   予備項目を設定します。 250
app/pageScreenInfoGroup/  
申請書規定画面をコンテンツバ
ージョン、画面パスごとに設定します。
 
app/pageScreenInfoGroup/
pageScreenInfo/contentsVersionId
コンテンツバージョンIDを設定します。 20
app/pageScreenInfoGroup/
pageScreenInfo/pagePathId
画面パスIDを設定します。 20
app/pageScreenInfoGroup/pageScreenInfo/pageJspPath  
基盤JSPパスを設定します。
JSPをカスタマイズした場合、
「kaiden2」以下のパスを設定
してください。
1000
app/pageScreenInfoGroup/pageScreenInfo/spPageJspPath  
スマートフォン用画面の基盤
JSPパスを設定します。
JSPをカスタマイズした場合、
「kaiden2」以下のパスを設定
してください。
1000
app/pageScreenInfoGroup/pageScreenInfo/extensionA~J   予備項目を設定します。 250
app/appExtParameterGroup  
ユーザプログラムで使用する
パラメータを設定します。
 
app/appExtParameterGroup/
appExtParameter/contentsVersionId
コンテンツバージョンIDを設定します。 20
app/appExtParameterGroup/
appExtParameter/pagePathId
画面パスIDを設定します。 20
app/appExtParameterGroup/
appExtParameter/parameterKey
パラメータキーを設定します。 100
app/appExtParameterGroup/
appExtParameter/parameterValue
パラメータの値を設定します。 1000
app/appExtParameterGroup/
appExtParameter/extensionA~J
  予備項目を設定します。 250
app/appExtUserPgmGroup   ユーザプログラムを設定します。  
app/appExtUserPgmGroup/
appExtUserPgm/contentsVersionId
コンテンツバージョンIDを設定します。 20
app/appExtUserPgmGroup/
appExtUserPgm/extensionUserProgram
拡張ユーザプログラムを設定します。 1000
app/appExtUserPgmGroup/
appExtUserPgm/execOrder
実行順番を設定します。 15
app/appExtUserPgmGroup/
appExtUserPgm/extensionA~J
  予備項目を設定します。 250
  • アップロード先
    ジョブネットの設定で設定する実行パラメータにより変化します。
    以下は初期値(実行パラメータ未設定の場合)のアップロード先です。

    ディレクトリ(コンテンツ定義) kaiden/import/contents/
    ディレクトリ(申請書定義) kaiden/import/app/
    ファイル名 指定はありません。

    コラム

    インストール直後などはアップロード先のディレクトリが作成されていません。
    ディレクトリの作成方法やファイルのアップロード方法は、次のドキュメントを参照してください。

3.18.3.2. ジョブネットの設定

インポート機能用のジョブネットの設定を行います。
  1. 「サイトマップ」→「テナント管理」→「ジョブネット設定」をクリックします。
  2. ジョブネット一覧(画面左部)の「申請書マスタ」をクリックします。
    ../../../_images/jobnet_013.png
  3. 「編集」をクリックします。
    ../../../_images/jobnet_023.png
  4. 必要に応じて「実行パラメータ」、「トリガ設定」を編集します。
    ../../../_images/jobnet_033.png

    コラム

    設定が必要な実行パラメータの詳細は、実行パラメータを参照してください。
    トリガ設定の設定方法は『テナント管理者操作ガイド』を参照してください。

    コラム

    複数の「実行パラメータ」、「トリガ設定」を行う場合はジョブネットを複数作成してください。
    ジョブネットの作成方法は『テナント管理者操作ガイド』を参照してください。

    ジョブネット作成時には次のジョブを登録してください。
    ジョブID ジョブ名(ジョブ選択時のツリー)
    kaiden-job-master-import-contents Kaiden! / マスタ / インポート / コンテンツ
    kaiden-job-master-import-app Kaiden! / マスタ / インポート / 申請書
  5. 編集後、「更新」をクリックします。
    ../../../_images/jobnet_043.png
  6. 確認ポップアップの「決定」をクリックします。
    ../../../_images/jobnet_053.png
  7. ジョブネットが設定されました。
    ../../../_images/jobnet_063.png

    コラム

    ジョブネットの設定(実行)後、メンテナンス機能でインポートが正しく実行されたことを確認してください。

3.18.3.3. 実行パラメータ

設定が可能な実行パラメータは次の通りです。
名称 キー 説明/設定値
インポートファイルのパス
file_path
インポートファイルのstorage以降のパスを設定します。
ファイル名を指定する必要はありません。
(省略時:kaiden/import/app/、kaiden/import/contents/)
処理後のインポートファイルの操作モード
file_mode
処理後のインポートファイルの操作モードを設定します。
(省略時:1)
  • 1 : 操作なし
  • 2 : コピー(copy)
  • 3 : アーカイブ(move)
  • 4 : 正常終了(警告含)時アーカイブ(move)、エラー終了時操作なし
  • 5 : 正常終了(警告含)時操作なし、エラー終了時アーカイブ(move)
  • 6 : 削除(delete)
  • 7 : 正常終了(警告含)時削除(delete)、エラー終了時操作なし
  • 8 : 正常終了(警告含)時操作なし、エラー終了時削除(delete)
アーカイブ先パス
archive_path
インポートファイルのアーカイブ先パスを設定します。
(省略時:kaiden/import/app/{CONTENTS_ID}/{FILE_NM}_{YMDHMSN}.xml、
kaiden/import/contents/{CONTENTS_ID}/{FILE_NM}_{YMDHMSN}.xml)
コンテンツID
contentsId
インポートするコンテンツのIDを設定します。
「,」区切りで複数設定できます。
{YMDHMSN}:「yyyyMMddHH24mmssSSS」形式
{CONTENTS_ID}:コンテンツID

3.18.4. エクスポート

本項では、エクスポート機能を利用したマスタ設定方法を説明します。

3.18.4.1. ジョブネットの設定

エクスポート機能用のジョブネットの設定を行います。
  1. 「サイトマップ」→「テナント管理」→「ジョブネット設定」をクリックします。
  2. ジョブネット一覧(画面左部)の「申請書マスタ」をクリックします。
    ../../../_images/jobnet_072.png
  3. 「編集」をクリックします。
    ../../../_images/jobnet_023.png
  4. 必要に応じて「実行パラメータ」、「トリガ設定」を編集します。
    ../../../_images/jobnet_033.png

    コラム

    設定が必要な実行パラメータの詳細は、実行パラメータを参照してください。
    トリガ設定の設定方法は『テナント管理者操作ガイド』を参照してください。

    コラム

    複数の「実行パラメータ」、「トリガ設定」を行う場合はジョブネットを複数作成してください。
    ジョブネットの作成方法は『テナント管理者操作ガイド』を参照してください。

    ジョブネット作成時には次のジョブを登録してください。
    ジョブID ジョブ名(ジョブ選択時のツリー)
    kaiden-job-master-export-contents Kaiden! / マスタ / エクスポート / コンテンツ
    kaiden-job-master-export-app Kaiden! / マスタ / エクスポート / 申請書
  5. 編集後、「更新」をクリックします。
    ../../../_images/jobnet_043.png
  6. 確認ポップアップの「決定」をクリックします。
    ../../../_images/jobnet_053.png
  7. ジョブネットが設定されました。
    ../../../_images/jobnet_063.png

3.18.4.2. ファイル取得

エクスポートファイルを次のエクスポート先から取得します。
  • エクスポート先
    ジョブネットの設定で設定する実行パラメータにより変化します。
    以下は初期値(実行パラメータ未設定の場合)のエクスポート先です。

    ディレクトリ(コンテンツ定義) kaiden/export/contents/
    ディレクトリ(申請書定義) kaiden/export/app/
    ファイル名 {contents_id}.xml

    コンテンツ単位でファイルが作成されます。
    ファイル名にはコンテンツIDが付与されます。

    コラム

    エクスポートファイルのダウンロード方法は、次のドキュメントを参照してください。
  • データ形式
    コンテンツ定義のデータ形式です。
    タグ 項目名 備考
    contentsGroup/contents/contentsId コンテンツID  
    contentsGroup/contents/localeId ロケールID  
    contentsGroup/contents/contentsName コンテンツ名  
    contentsGroup/contents/contentsClassify コンテンツ種類  
    contentsGroup/contents/note コンテンツの備考  
    contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
    contentsDetail/contentsVersionId
    コンテンツバージョンID  
    contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
    contentsDetail/startDate
    開始日  
    contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
    contentsDetail/limitDate
    終了日  
    contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
    contentsDetail/versionStatus
    バージョンステータス
    • 0:無効
    • 1:有効
    contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
    contentsDetail/note
    コンテンツバージョンの備考  
    contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
    contentsPagePathGroup/contentsPagePath/pagePathId
    画面パスID  
    contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
    contentsDetail/contentsVersionId
    コンテンツバージョンID  
    contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
    contentsDetail/pageClassify
    画面種類  
    contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
    contentsDetail/note
    画面定義の備考  
    contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
    contentsDetail/defaultFlag
    デフォルトフラグ
    • 0:初期設定で使用しない。
    • 1:初期設定で使用する
    contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
    contentsDetail/pathType
    パス種別  
    contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
    contentsDetail/scriptPath
    スクリプトパス  
    contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
    contentsDetail/applicationId
    アプリケーションID  
    contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
    contentsDetail/serviceId
    サービスID  
    contentsGroup/contents/contentsDetailGroup/
    contentsDetail/pagePath
    ページパス  
    contentsGroup/contents/contentsPluginGroup/
    contentsPlugin/contentsPluginId
    コンテンツプラグイン  
    contentsGroup/contents/contentsPluginGroup/
    contentsPlugin/contentsVersionId
    コンテンツバージョンID  
    contentsGroup/contents/contentsPluginGroup/
    contentsPlugin/extensionPointId
    拡張ポイントID  
    contentsGroup/contents/contentsPluginGroup/
    contentsPlugin/pluginId
    プラグインID  
    contentsGroup/contents/contentsPluginGroup/
    contentsPlugin/pluginName
    プラグイン名  
    contentsGroup/contents/contentsPluginGroup/
    contentsPlugin/parameter
    パラメータ  
    contentsGroup/contents/contentsPluginGroup/
    contentsPlugin/note
    ユーザプログラム定義の備考  
    contentsGroup/contents/contentsPluginGroup/
    contentsPlugin/nodeType
    ノード種別  
    contentsGroup/contents/contentsPluginGroup/
    contentsPlugin/defaultFlag
    デフォルトフラグ
    • 0:初期設定で使用しない
    • 1:初期設定で使用する
    contentsGroup/contents/contentsPluginGroup/
    contentsPlugin/executeOrder
    実行順番  
    contentsImboxGroup/contentsImbox/imboxId IMBoxID  
    contentsImboxGroup/contentsImbox/contentsImboxClassify コンテンツIMBox種類  
    contentsImboxGroup/contentsImbox/contentsVersionId コンテンツバージョンID  
    contentsImboxGroup/contentsImbox/defaultFlag デフォルトフラグ
    • 0:初期設定で使用しない
    • 1:初期設定で使用する
    contentsMailGroup/contentsMail/mailId メールID  
    contentsImboxGroup/contentsImbox/contentsMailClassify コンテンツメール種類  
    contentsImboxGroup/contentsImbox/contentsVersionId コンテンツバージョンID  
    contentsImboxGroup/contentsImbox/defaultFlag デフォルトフラグ
    • 0:初期設定で使用しない
    • 1:初期設定で使用する
    contentsRuleGroup/contentsRule/ruleId ルールID  
    contentsRuleGroup/contentsRule/contentsVersionId コンテンツバージョンID  
  • データ形式
    申請書のデータ形式です。
    タグ 項目名 備考
    app/contentsId コンテンツID  
    app/appType 申請書タイプ  
    app/appGadget/contentsVersionId コンテンツバージョンID  
    app/appGadget/pagePathId 画面パスID  
    app/appGadget/gadgetClass ガジェットクラス  
    app/appGadget/gadgetVariation ガジェットバリエーション  
    app/appGadget/gadgetInstance ガジェットインスタンス  
    app/appGadget/sortKey ソートキー  
    app/appGadget/surfaceKey サーフィスキー  
    app/appGadget/gadgetDispFlag ガジェット表示フラグ
    • 0:ガジェットを非表示にする
    • 1:ガジェットを表示する
    app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
    appGadgetBlock/gadgetBlock
    ガジェットブロックID  
    app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
    appGadgetBlock/gadgetBlockType
    ガジェットブロックタイプ  
    app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
    appGadgetBlock/allowAddFlag
    追加可否フラグ
    • 0:許可しない
    • 1:許可する
    app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
    appGadgetBlock/allowDelFlag
    削除可否フラグ
    • 0:許可しない
    • 1:許可する
    app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
    appGadgetBlock/sortKey
    ソートキー  
    app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
    appGadgetBlock/surfaceKey
    サーフィスキー  
    app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
    appGadgetFieldGroup/appGadgetField/fieldKey
    フィールドキー  
    app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
    appGadgetFieldGroup/appGadgetField/surfaceKey
    サーフィスキー  
    app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
    appGadgetFieldGroup/appGadgetField/sortKey
    ソートキー  
    app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
    appGadgetFieldGroup/appGadgetField/inputType
    入力区分
    • 0:入力項目
    • 1:ラベル項目
    app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
    appGadgetFieldGroup/appGadgetField/requiredFlag
    必須区分
    • 0:任意項目
    • 1:必須項目
    app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
    appGadgetFieldGroup/appGadgetField/
    appGadgetValidationGroup
    バリデーショングループ  
    app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
    appGadgetFieldGroup/appGadgetField/
    appGadgetValidationGroup/appGadgetValidation
    バリデーション  
    app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
    appGadgetFieldGroup/appGadgetField/
    appGadgetValidationGroup/appGadgetValidation/
    validationId
    バリデーションID  
    app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
    appGadgetFieldGroup/appGadgetField/
    appGadgetValidationGroup/appGadgetValidation/
    validationTarget
    バリデーションターゲット  
    app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
    appGadgetFieldGroup/appGadgetField/
    appGadgetValidationGroup/appGadgetValidation/
    validationTimingDefaultFlag
    バリデーションタイミング
    デフォルトフラグ
    • true:全てのイベントで実行する
    • false:指定されたイベントで実行する
    app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
    appGadgetFieldGroup/appGadgetField/
    appGadgetValidationGroup/appGadgetValidation/args
    引数  
    app/appGadget/appGadgetBlockGroup/
    appGadgetFieldGroup/appGadgetField/
    appGadgetValidationGroup/appGadgetValidation/
    extensionA~J
    予備項目  
    app/appGadget/appGadgetSurfaceGroup/
    appGadgetSurface/surfaceKey
    サーフィスキー  
    app/appGadget/appGadgetSurfaceGroup/
    appGadgetSurface/localeId
    ロケールID  
    app/appGadget/appGadgetSurfaceGroup/
    appGadgetSurface/surface
    サーフィス  
    app/appGadget/appGadgetSurfaceGroup/
    appGadgetSurface/extensionA~J
    予備項目  
    app/appVersionGroup/appVersion/contentsVersionId コンテンツバージョンID  
    app/appVersionGroup/appVersion/numberingClassId 案件番号採番クラスID  
    app/appVersionGroup/appVersion/extensionA~J 予備項目  
    app/pageScreenInfoGroup/
    pageScreenInfo/contentsVersionId
    コンテンツバージョンID  
    app/pageScreenInfoGroup/
    pageScreenInfo/pagePathId
    ページパスID  
    app/pageScreenInfoGroup/pageScreenInfo/pageJspPath 基盤JSPパス  
    app/pageScreenInfoGroup/pageScreenInfo/spPageJspPath スマートフォン用画面の基盤JSPパス  
    app/pageScreenInfoGroup/pageScreenInfo/extensionA~J 予備項目  
    app/appExtParameterGroup/
    appExtParameter/contentsVersionId
    コンテンツバージョンID  
    app/appExtParameterGroup/
    appExtParameter/pagePathId
    画面パスID  
    app/appExtParameterGroup/
    appExtParameter/parameterKey
    パラメータキー  
    app/appExtParameterGroup/
    appExtParameter/parameterValue
    パラメータの値  
    app/appExtParameterGroup/
    appExtParameter/extensionA~J
    予備項目  
    app/appExtUserPgmGroup/
    appExtUserPgm/contentsVersionId
    コンテンツバージョンID  
    app/appExtUserPgmGroup/
    appExtUserPgm/extensionUserProgram
    拡張ユーザプログラム  
    app/appExtUserPgmGroup/
    appExtUserPgm/execOrder
    実行順番  
    app/appExtUserPgmGroup/
    appExtUserPgm/extensionA~J
    予備項目  

3.18.4.3. 実行パラメータ

設定が可能な実行パラメータは次の通りです。
名称 キー 説明/設定値
エクスポートファイルのパス
file_path
エクスポートファイルのstorage以降のパスを設定します。
ファイル名を指定する必要はありません。
(省略時:kaiden/export/app/、kaiden/export/contents/)
既存ファイル操作
fileOperation
同名のファイルが存在する場合の操作を設定します。
(省略時:1)
  • 1 : 上書き保存する
  • 2 : 同名のファイルをアーカイブファイルへ移動してからエクスポートする
アーカイブ先パス
archive_path
エクスポートファイルのアーカイブ先パスを設定します。
(省略時:kaiden/export/archive/app/{CONTENTS_ID}_{YMDHMSN}.xml、
kaiden/export/archive/contents/{CONTENTS_ID}_{YMDHMSN}.xml)
コンテンツID
contentsId
エクスポートするコンテンツのIDを設定します。
「,」区切りで複数設定できます。
{YMDHMSN}:「yyyyMMddHH24mmssSSS」形式
{CONTENTS_ID}:コンテンツID