intra-mart Accel Collaboration 2020 Summer リリースノート 初版 2020-08-01

9.3.1. CalDAV(共通)

9.3.1.1. CalDAVクライアントでスケジュールを表示している状態で、他のユーザによってCalDAV操作ユーザが参加者から除外された場合でも更新が行えます。

CalDAVクライアントでスケジュールを表示している状態で、他のユーザによってCalDAV操作ユーザが参加者から除外された場合でも更新が行えます。

9.3.1.2. CalDAVクライアントでスケジュールを更新する際に、スケジュール種別の定期/通常の切り替えを行った場合の挙動が不正です。

CalDAVクライアントでスケジュールを更新する際に、スケジュール種別の定期/通常の切り替えを行った場合、以下のような事象が発生します。
  • CalDAVクライアントで行った編集が、新規のスケジュールとして intra-mart Accel Collaboration に登録される。
  • 編集を行ったスケジュールがCalDAVクライアント上に表示されない。

9.3.1.3. CalDAVクライアントから定期スケジュール/イベントに対し指定日以降の予定すべてを更新した際に、指定日以降の予定の一部情報がクリアされます。

CalDAVクライアントから定期スケジュール/イベントに対し指定日以降の予定すべてを更新した際に、指定日以降の予定の一部情報がクリアされます。

クリアされる情報
  • CalDAVクライアント以外の参加者
  • 施設
  • 属性
  • 拡張項目
  • 編集許可
  • タグ
発生条件
  • 上記の情報が含まれている定期スケジュール/イベントに対して、CalDAVクライアントから指定日以降の予定すべてを更新すること