intra-mart Accel Collaboration 権限設定ファーストガイド 第3版 2017-08-01

3.2.1.2.2. 権限の動作(施設を含める場合)

ここでは、スケジュール共有グループアクセス権と施設カテゴリアクセス権についての権限の動作を学びます。
以下のような共有グループを作成します。
../../../../_images/access_normal_2_1.png
[凡例]
Dev.A・・・組織A(組織Aに所属しているユーザをユーザAとします)
Dev.B・・・組織B(組織Bに所属しているユーザをユーザBとします)
Group.A・・・組織Aと組織Bを範囲とする共有グループを示します。
また、施設に対して以下のような操作を行いたいとします。
../../../../_images/access_normal_2_2.png
[凡例]
Dev.A・・・組織A(組織Aに所属しているユーザをユーザAとします)
Dev.B・・・組織B(組織Bに所属しているユーザをユーザBとします)
Category.C・・・施設カテゴリC(施設カテゴリCに所属している施設を施設Cとします)
Category.D・・・施設カテゴリD(施設カテゴリDに所属している施設を施設Dとします)
Register・・・登録を示します。
共有グループアクセス権の設定を行うと以下の通りです。
../../../../_images/access_normal_2_3.png
施設カテゴリアクセス権の設定を行うと以下の通りです。
../../../../_images/access_normal_2_4.png

コラム

施設カテゴリアクセス権の設定方法に関しましては、「 intra-mart Accel Collaboration スケジュール 管理者操作ガイド 」-「 スケジュールアクセス権を設定する 」を参照してください。
ユーザAは以下を参加者とするスケジュールを登録しようと考えています。
  • スケジュールD・・・ユーザB、施設C
  • スケジュールE・・・ユーザB、施設D
上記スケジュールをユーザAが登録が可能であるのか、結果は以下の通りです。
<スケジュールDの場合>
../../../../_images/access_normal_2_5.png
[凡例]
Register・・・スケジュールの登録を示します。
  • ユーザAによるスケジュールDの登録は可能です。
    操作ユーザであるユーザAとスケジュールの参加者であるユーザBは同じ共有グループに所属しています。
    施設Cに関してもユーザAが登録が可能な施設であるため、スケジュールの参照および登録が可能です。
<スケジュールEの場合>
../../../../_images/access_normal_2_6.png
[凡例]
Register・・・スケジュールの登録を示します。
  • ユーザAによるスケジュールEの登録は行えません。
    操作ユーザであるユーザAとスケジュールの参加者であるユーザBは同じ共有グループに所属しています。
    しかし、施設DはユーザAが登録が行えない施設であるため、スケジュールの登録が行えません。