intra-mart Accel Collaboration 権限設定ファーストガイド 第3版 2017-08-01

3.2.1.2.1. 権限の動作

ここでは、スケジュール共有グループアクセス権における権限の動作を学びます。
以下のような共有グループを作成します。
../../../../_images/access_normal_1_1.png
[凡例]
Dev.A・・・組織A(組織Aに所属しているユーザをユーザAとします)
Dev.B・・・組織B(組織Bに所属しているユーザをユーザBとします)
Dev.C・・・組織C(組織Cに所属しているユーザをユーザCとします)
Group.A・・・組織Aと組織Bを範囲とする共有グループを示します。
Group.B・・・組織Bと組織Cを範囲とする共有グループを示します。
共有グループアクセス権の設定を行うと以下の通りです。
../../../../_images/access_normal_1_2.png

コラム

共有グループアクセス権の設定方法に関しましては、「 intra-mart Accel Collaboration スケジュール 管理者操作ガイド 」-「 スケジュールアクセス権を設定する 」を参照してください。
ユーザAは以下を参加者とするスケジュールを登録しようと考えています。
  • スケジュールA・・・ユーザA、ユーザB
  • スケジュールB・・・ユーザB、ユーザC
ユーザBは以下を参加者とするスケジュールを登録しようと考えています。
  • スケジュールC・・・ユーザA、ユーザC
上記スケジュールをユーザA、ユーザBが登録が可能であるのか、結果は以下の通りです。
<スケジュールAの場合>
../../../../_images/access_normal_1_3.png
[凡例]
Register・・・スケジュールの登録を示します。
  • ユーザAによる登録は可能です。
    操作ユーザであるユーザAとスケジュールの参加者であるユーザBは同じ共有グループ(Group.A)に所属しています。
    そのため、以下の条件に当てはまりスケジュールの参照および登録が可能です。

    「共有グループに所属しているグループのユーザ同士であれば、互いの予定に対して参照および登録が可能です。」
<スケジュールBの場合>
../../../../_images/access_normal_1_4.png
[凡例]
Register・・・スケジュールの登録を示します。
  • ユーザAによる登録は行えません。
    操作ユーザであるユーザAとスケジュールの参加者であるユーザCは異なる共有グループに所属しています。
    そのため、以下の条件に当てはまらずスケジュールの登録が行えません。

    「共有グループに所属しているグループのユーザ同士であれば、互いの予定に対して参照および登録が可能です。」

コラム

ユーザAとユーザCは異なる共有グループに所属しているため、共通のスケジュール以外は互いのスケジュールを参照することも出来ません。
<スケジュールCの場合>
../../../../_images/access_normal_1_5.png
[凡例]
Register・・・スケジュールの登録を示します。
  • ユーザCによる登録は可能です。
    操作ユーザであるユーザBとスケジュールの参加者であるユーザCは同じ共有グループ(Group.B)に所属しています。
    また、ユーザBとスケジュールの別の参加者であるユーザAも同じ共有グループ(Group.A)に所属しています。
    そのため、以下の条件に当てはまりスケジュールの参照および登録が可能です。

    「共有グループに所属しているグループのユーザ同士であれば、互いの予定に対して参照および登録が可能です。」