IM-FormaDesigner for Accel Platform IM-FormaDesigner 仕様書 第9版 2019-08-01

15. 申請書の再利用に関する仕様

IM-FormaDesigner 、 IM-BIS を利用したワークフローに対し、過去の情報から入力内容をコピーして申請するための再利用の仕様について説明します。

15.1. 申請書の再利用とは

IM-FormaDesigner 、 IM-BIS を利用したワークフローでは、申請済みの案件の内容をコピーした状態で新しく申請できます。
再利用機能の利用手順については、「 IM-FormaDesigner 作成者操作ガイド 」 - 「 ワークフローの申請書を再利用する 」を参照してください。
再利用の実行方法には、以下の2つの方法があります。

コラム

ワークフロー申請書の利用にあたっては、「ボタン(コピー新規)」による設定を推奨します。
理由としては以下のとおりです。
  • コピー元の案件に、他のユーザが申請した案件が利用できる
  • ワークフローの一覧を利用するため、対象の案件の申請内容を確認した上でコピー申請が行える
  • 申請書再利用の権限はワークフローに基づくため、特別な設定が不要である

15.1.1. 申請書の再利用で複写されない画面アイテム

申請書の再利用におけるコピー対象のアイテムは以下のとおりです。
なお、SP版については、「ボタン(コピー新規)」のみ対応しています。

入力アイテム

画面アイテム
PC版
SP版
文字列 image_ok image_ok
複数行文字列 image_ok image_ok
数値 image_ok image_ok
関数 image_ng image_ng
日付 image_ok image_ok
期間 image_ok image_ok
一覧選択 image_ok image_ng
チェックボックス image_ok image_ok
ラジオボタン image_ok image_ok
セレクトボックス image_ok image_ok
リストボックス image_ok image_ok
ファイルアップロード image_ng image_ng
リッチテキストボックス image_ok image_ng [1]
[1]リッチテキストボックスは、SPでは参照のみに対応しているため、表示上はコピー元の値が表示されますが、申請時には入力値として扱われない点に注意してください。

入力アイテム(テーブル系アイテム)

テーブル系アイテムについては、SPでは参照のみに対応しているため、表示上はコピー元の値が表示されますが、申請時には入力値として扱われない点に注意してください。
  • 明細テーブル

    列タイプ
    PC版
    SP版
    文字列 image_ok image_ng
    数値 image_ok image_ng
    日付 image_ok image_ng
    関数 image_ng image_ng
    隠しパラメータ image_ok image_ng
    一覧選択 image_ok image_ng
    ラジオボタン image_ok image_ng
    セレクトボックス image_ok image_ng
  • グリッドテーブル

    列タイプ
    PC版
    SP版
    文字列 image_ok image_ng
    数値 image_ok image_ng
    日付 image_ok image_ng
    隠しパラメータ image_ok image_ng
    関数 image_ng image_ng
    一覧選択 image_ok image_ng
    セレクトボックス image_ok image_ng
    イメージ image_ng image_ng
    カスタム image_ng image_ng

共通マスタアイテム

画面アイテム
PC版
SP版
ユーザ選択 image_ok image_ok
組織選択 image_ok image_ok
組織・役職選択 image_ok image_ok
所属組織選択 image_ng image_ng

汎用アイテム

画面アイテム
PC版
SP版
隠しパラメータ image_ok image_ok
スクリプト image_ng image_ng
ボタン(イベント) image_ng image_ng
採番 image_ng image_ng
インラインフレーム image_ng image_ng
BI表示アイテム image_ng image_ng
ボタン(インポート) image_ng image_ng
ボタン(エクスポート) image_ng image_ng
アノテーション image_ng image_ng

互換用アイテム

画面アイテム
PC版
SP版
一覧選択 image_ok image_ok
チェックボックス image_ok image_ok
ラジオボタン image_ok image_ok
セレクトボックス image_ok image_ok
リストボックス image_ok image_ok

15.2. ボタン(コピー新規)

「ボタン(コピー新規)」の仕様について説明します。
詳細は「 IM-FormaDesigner デザイナヘルプ 」-「 ボタン(コピー新規) 」を参照してください。

15.2.1. 再利用対象の案件

  • 「ボタン(コピー新規)」を配置したワークフローの案件のうち、以下の条件をすべて満たす案件が対象です。

    • コピー対象の案件に対して、処理権限者・処理実行者・案件操作権限者(参照者)・確認対象者のいずれかであること
    • 対象の案件がアーカイブ済み(過去案件)、または削除済みではないこと
  • 「ボタン(コピー新規)」による再利用を行う場合、他のユーザが申請権限者・申請実行者の案件もコピー対象にできます。
    ただし、コピー対象の案件に紐づくフロー定義に対する申請権限者、または申請権限者の代理先である必要があります。

15.2.2. 利用上の制約

  • IM-BIS の履歴参照画面から「ボタン(コピー新規)」を利用した再利用申請では、対象の案件に対するデータベース上の最新の入力値をコピー対象とします。
    そのため、実行元の履歴画面に表示されている値と再利用申請として表示された画面の値に差異が発生する場合があります。

15.3. WF申請書再利用一覧

「WF申請書再利用一覧」の仕様について説明します。

15.3.1. 「WF申請書再利用」一覧画面と各部の説明

../../_images/wf_application_copy_list.png

a. コピー対象の申請書の検索条件

  1. 申請基準日
    コピー対象とする申請書の申請基準日(申請日)を指定して検索します。
  2. 代理依頼元
    コピー対象とする申請書が代理申請の場合の代理依頼元ユーザ名を指定して検索します。
  3. フローグループ
    コピー対象とする申請書のフローグループを指定して検索します。
    IM-Workflow でフローグループが1件も定義されていない場合は表示されません。
  4. フロー名
    コピー対象とする申請書のフローを指定して検索します。
  5. 案件番号、案件名
    コピー対象とする申請書の案件番号、または案件名を指定して検索します。

b. コピー対象の申請書の一覧(検索結果)

  1. 申請
    クリックすると、指定した申請書のデータをコピーして新たに申請するための画面に遷移します。
  2. 案件番号
    コピー元にする申請書の案件番号を表示します。
  3. 案件名
    コピー元にする申請書の案件名を表示します。
  4. 詳細
    クリックすると、コピー元にする申請書の内容を別画面で表示します。
  5. 申請日
    コピー元にする申請書の申請日(実際に申請が行われた日)を表示します。

15.3.2. 再利用対象の案件

  • 「WF申請書再利用」一覧には、ログインユーザ自身が処理権限者、または代理先として申請を行った案件に限られます。

  • 一覧に表示される案件は、上の条件以外には制限はありません。
    過去案件も一覧に表示されます。
    IM-FormaDesigner のデータに基づいて表示されるため、 IM-Workflow 側で削除された案件やフロー定義のバージョンが無効の案件も表示される場合があります。
  • 「WF申請書再利用」一覧の利用時には、「WF申請書再利用」一覧に対するメニュー認可の設定が必要です。
    詳細は、「 IM-FormaDesigner 作成者操作ガイド 」 - 「 ワークフローの申請書を再利用する 」を参照してください。

15.3.3. 利用上の制約

  • 「WF申請書再利用」一覧による申請は、PC版からの操作時のみ利用できます。
    詳細は「 PCとスマートフォンの機能差異 」の IM-FormaDesigner を確認してください。
  • 特定の案件に対する「WF申請書再利用」一覧への表示可否を設定で変更することはできません。