IM-BloomMaker for Accel Platform ユーザ操作ガイド 初版 2019-08-01

5.1.2. IM-BloomMakerでアプリケーション画面を作成する

ここでは、IM-BloomMakerでアプリケーション画面を作成するために必要な手順の概要を説明します。
事前に「コンテンツに紐づくデザイナ画面を確認する」の手順を参照の上、「デザイナ」画面を表示してください。

5.1.2.1. ステップ1:アプリケーション画面で利用するエレメントを配置する

  • エレメントをエレメントパレットからドラッグ&ドロップでコンテナに配置し、アプリケーション画面の見た目を作成します。

5.1.2.2. ステップ2:エレメントで使用する値を変数として設定する

  • アプリケーション画面で取り扱いたい情報を「変数」、「定数」、または、「入力」として設定します。

  • 「変数」、「定数」、または、「入力」の設定方法は各ページを参照してください。

5.1.2.3. ステップ3:アクションを設定する

  • エレメントに対して操作があったとき実行する「アクション」を設定します。
    • 「アクション」の設定は省略できます。
  • 「アクション」の設定方法は「アクションエディタ画面の操作方法」を参照してください。

5.1.2.4. ステップ4:各エレメントに対するプロパティの設定

  • ステップ1で配置したエレメントの見た目や大きさなどを「プロパティ」に設定します。
  • 「プロパティ」の設定方法は「プロパティの詳細と設定」を参照してください。

5.1.2.5. ステップ5:アプリケーション画面をプレビュー

  • 「プレビュー画面」を用いて実際に表示されるアプリケーション画面の見た目を確認します。
  • 「プレビュー画面」の利用方法は「プレビュー画面の利用方法」を参照してください。

5.1.2.6. ステップ6:アプリケーション画面の保存

  • 「上書き保存」ボタンを用いて、作成したアプリケーション画面を保存します。