IM-BIS for Accel Platform IM-BIS 仕様書 第15版 2020-08-01

9.4. IM-FormaDesigner アプリケーションから IM-BIS で登録したデータソース定義を利用するための権限を設定する

IM-BIS を導入している環境では、 IM-BIS ・ IM-FormaDesigner で登録したデータソース定義をアプリケーション、ワークフローのフォームから相互に利用することができます。
IM-BIS で登録したデータソース定義(RESTなど)を IM-FormaDesigner のアプリケーションから利用するためには、「管理会社設定」から権限設定を行う必要があります。
IM-BIS で登録したデータソース定義では、管理会社設定の会社に所属するユーザがアプリケーションを実行したときに、利用することができます。

コラム

IM-BIS 、 IM-FormaDesigner の管理に関する権限については、 IM-BIS 、 IM-FormaDesigner での権限の考え方 を参照してください。

9.4.1. データソースに管理会社を登録する

データソースに管理会社を登録するには、以下の手順を行います。

  1. 「サイトマップ」→「IM-BIS」→「システム管理者」→「マスタ管理」→「外部連携」→「データソース定義」をクリックします。

  2. IM-FormaDesigner で利用するデータソース定義の「 pencil 」をクリックします。

    ../../../_images/web_1.png
  3. 「管理会社設定」をクリックします。

    ../../../_images/web_2.png
  4. 「管理会社設定」のチェックをオンにします。
    データソース定義を登録したユーザが会社に所属していた場合、デフォルトでチェックがオンに設定されています。
    ../../../_images/web_3.png
  5. 管理会社を追加するには、「管理会社の追加」をクリックします。

    ../../../_images/web_4.png
  6. 「会社検索」で対象の会社を検索して「決定」をクリックします。

    ../../../_images/web_5.png
  7. 「登録しました」と表示されたら、登録作業は完了です。

    ../../../_images/web_6.png