IM-BIS for Accel Platform 業務管理者 操作ガイド 第16版 2019-04-01

5.2. IM-BIS のルートを作成する

ここでは、処理の流れ(ルートといいます)を定義します。
ルートはアイコンで用意された仕事(タスク)の単位を配置し、アイコンとアイコンを線でつないで作成していきます。
また、タスクには処理を行うユーザ(処理対象者)を設定します。
処理対象者の設定は、ユーザの他に、組織や役職、ロールなど同一の権限を持つグループを設定することもできます。

5.2.1. ルートを作成する

コラム

画面各部の説明やアイコンの意味は「 ルート定義 」を参照してください。

  1. 「ルート定義 - バージョン - 新規作成」画面では、「開始」、「申請/処理開始」、「終了」が配置済みです。

    ../../_images/index_11.png
  2. 上に並んでいるアイコンから、グリッド上へ「承認/処理」をドラッグして配置します。

    ../../_images/index_21.png
  3. 「申請/処理開始」の上にマウスを重ねると右上に plus が表示されます。

    ../../_images/index_31.png
  4. plus を次の「承認/処理」までドラッグします。(ドラッグ時に矢印が表示されますので、矢印でノードを接続するようにします。)

    ../../_images/index_41.png
  5. 矢印の先を「承認/処理」でドロップすると、ノードとノードが接続されます。

    ../../_images/index_51.png
  6. 同様の手順で、残りのノードを接続します。

    ../../_images/index_61.png

注意

  • 作成したフローの画面や履歴・BAM等の設定後に、ルート編集画面からノードIDを変更した場合、画面などの設定内容がクリアされますので、注意してください。

5.2.2. 処理対象者を設定する

  1. グリッド上の「申請/処理開始」をクリックして、右側に設定欄を表示します。

    ../../_images/index_7.png
  2. 「処理対象者」の「 search 検索」をクリックします。

    ../../_images/index_8.png

    コラム

    • calendar <基準日>を押下すると、カレンダー画面が表示されます。

    • 日付を変更すると、変更した日付の時点で有効な対象者は名称が表示されます。
      無効な対象者の場合は 【基準日時点で無効な対象者】 と表示されます。
    • 基準日は、IM-共通マスタ検索画面の<検索基準日>です。

  3. 検索したい処理対象者欄の左の search をクリックします。

    ../../_images/index_9.png
  4. 選択した処理対象者の種類に応じた検索画面から処理対象者を設定します。

    ../../_images/index_10.png
  5. 「処理対象者」に設定した対象が表示されます。

    ../../_images/index_111.png
  6. 同様の手順で、「承認/処理」の「処理対象者」に処理対象者を検索して設定します。

    ../../_images/index_12.png
  7. 処理対象者の設定が完了したら「登録」をクリックします。

    ../../_images/index_13.png

コラム

動的承認ノード、縦配置ノード、横配置ノードの処理対象者の設定は

注意

  • フローの作成後にルートを変更した場合にも、「定義の反映」を実行してください。