接続設定をする

事前に必要な情報

グループウェアに接続するために以下の情報が必要になります。

  • ユーザID
  • パスワード
  • 接続先サーバに関する情報
    • プロトコル(http  または https)
    • サーバのアドレス
    • ポート番号
    • コンテキストパス
    • ログイングループID

    (システム管理者様にご確認の上ご準備下さい)

設定の手順

上記の情報をアプリケーションに設定します。

  1. アプリケーションを起動します。
  2. スケジュールというタイトルの付いた画面が表示されます。インストール直後の場合、イントラマートのデモ用のアカウント情報が設定されており、その旨のメッセージが表示されます。

    起動時の表示

    アプリケーションの機能を試用されるだけであれば、この状態でお使いいただけます。(予定の登録なども可能ですが、デモサイトの情報は定期的にリフレッシュされます)
    まずはご利用の環境の情報を設定するために、右下の「設定」ボタンをタップして設定画面を表示させます。

  3. 下図のような設定画面が表示されます。ここにはユーザID、パスワード、ログイングループIDの入力欄と、その他の情報を設定する画面へ移動するためのボタンが表示されます。

    設定画面

    まずユーザID、パスワード、ログイングループIDを入力します。それぞれ右側の文字が表示されている部分をタップすると、カーソルとキーボードが表示され入力ができるようになりますので、それぞれの欄に先に用意した情報を入力します。

  4. 入力ができたら、「接続先」の行をタップします。接続先の設定画面に遷移します。

    接続先設定

  5. ここでプロトコル、ホスト名、ポート番号、コンテキストパスの入力欄が表示されますので、予め用意した情報を入力します。
  6. 入力できたら「完了」ボタンを押下します。先程の設定画面に戻りますので、さらに右上の「保存」ボタンを押下すと入力した内容が保存され、予定の一覧画面に戻ります。

以上で接続設定が完了しました。予定情報の同期 へ進み、予定情報をグループウェアと同期してください。