このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

東芝インフォメーションシステムズ株式会社 様

サマリー

調達管理システムをSaaS 化/クラウド化し短期間で導入可能に。
シングルシステム・マルチテナント方式の活用により法改正等に素早く対応。
業種: 情報システム
用途: システム共同利用型サービス基盤

グローバル企業の競争力強化になくてはならない要素として、調達の刷新が改めてクローズアップされている。東芝インフォメーションシステムズ(東京都港区)では、東芝グループの中規模会社向けに、調達管理システムとして「AD-BuyerS」(アドバイヤーズ)を提供している。シングルシステム・マルチテナント方式のSaaSシステムを支えているのがintra-martだ。intra-martの豊富なAPI・柔軟なシステム基盤を活用して、法改正対応、東芝ガイドライン対応、東芝セキュリティ基準対応、SaaS化/クラウド化を次々と実現している。

1.課題 変化への迅速な対応が最大の要件

2.導入 マルチテナント機能の活用でスムーズに SaaS化
月8万件のトランザクション処理をこなしモバイルにも楽に対応

3.効果 コンプライアンス強化を果たして調達リスク低減に成功

4.未来 変化への迅速な対応をさらに推進

TOP