i ntra-mart The Power for Enterprise Web Solution
バッチ管理モジュール

プログラムの作成

Resource Service のインストール・ディレクトリ以下にファンクション・コンテナとしてプログラムファイルを作成します。

バッチ起動されるファンクション・コンテナ内には、必ず init() 関数を定義する必要があります。
(指定時間に該当のファンクション・コンテナをロードすると init() 関数が Application Runtime により自動実行されます。)

バッチ起動されるファンクション・コンテナの init() 関数には、下記のような構造を持つオブジェクト型の引数が渡されます。

引数 オブジェクト
group ログイン・グループ名称
name バッチ設定名称
year バッチ起動設定年
month バッチ起動設定月
date バッチ起動設定日
day バッチ起動設定曜日
hour バッチ起動設定時間
minute バッチ起動設定分
second バッチ起動設定秒
WWW_HOST バッチ設定を行った時のWebサーバホスト名
WWW_PORT バッチ設定を行った時のWebサーバポート
WWW_PROTOCOL バッチ設定を行った時のWebサーバプロトコル
WWW_LOCATION バッチ設定を行った時のホームURL

バッチ用プログラムに関しては、動作概要【 Batch Program 篇 】 を参照して下さい。



システム構成

バッチ機能を利用するためには、すべてのサービスをそれぞれインストールし、Schdule Service から Application Runtime に対して HTTP 接続できるように環境構築してください。



バッチの登録と設定

バッチプログラムの登録と起動時間の設定は、i ntra-mart 起動後の『システム設定』-『バッチ』メニュー内で行います。

バッチ設定では、バッチ登録と運用可否設定があります。登録したバッチプログラムは、『有効』設定にしておかないと実行されません。
また、バッチサーバの実行状態を『運用中』にしなければバッチプログラムはロードされません。

設定画面の操作に関しては、マニュアルをご参照下さい。




Copyright(C) NTT DATA INTRAMART CO.,LTD. 2000-2006 All Rights Reserved.